日立の業務用エアコンの修理について

HOME » 日立の業務用エアコンの口コミ » 日立の業務用エアコンの修理について

日立の業務用エアコンの修理について

電化製品などを多く取り扱っている日立という日本のメーカーですが、業務用エアコンの取り扱いも行っています。
そんな日立から出ている業務用エアコンについて、修理メンテナンスを依頼することがもちろん可能です。
業務用エアコンは様々な業務において、様々な設置場所に設置することができます。
例えば会社のオフィスや店舗、銀行や教育関連施設や病院関連施設、商業施設に工場などとても様々な場所への設置が考えられます。
そのような業務用エアコンですが万が一故障してしまった場合には業務において支障をきたしてしまう可能性があります。
業務用エアコンによって快適な空調を行うことが出来ているのですが、特に夏や冬など寒暖が大きい季節に故障してしまうと来店されるお客様に不快感を与えることになってしまいますし、業務においても作業効率が悪くなってしまうことでしょう。
だからこそ急に故障してしまうことがないように常日頃からメンテナンスを行っておく事が大切です。
自分で行うメンテナンスや清掃も大切ですし、また業者により定期的な点検、メンテナンス、そして清掃なども重要になってきます。

それでも故障してしまったというようなケースもあるでしょう。
機械ですから故障することもあります。
その場合には速やかに日立のメーカーサポートに対して修理の依頼を行うようにしましょう。

また最初業務用エアコンを購入した際には保証期間があることかと思います。
その保証期間の範囲内であれば保証による修理が可能です。
保証期間が過ぎている場合でも費用は掛かりますが修理することができます。

業務用エアコンの知っておくと便利な豆知識

業務用エアコンを直す際の注意点
業務用エアコンは導入してからすぐに、故障してしまうということはほとんどありません。しかしながら、何年か使っていくと故障してしまうという場合があります。業務用エアコンを直すという場合に、注意しておきたいのが場合によっては、買い替えをする方がお得になる場合があるということです。比較的新しい業務用エアコンであれば、修理だけで済ませるのがよいでしょうが、故障している箇所や使用年数によっては新しいものに入れ替える方がよいという場合もあります。古いタイプのものになると電気代もかさみますし、修理したとしても後どのくらい持つのかが不透明な部分もあります。そのような場合には、買い替えも検討するようにしましょう。

業務用エアコンを外すなら冷媒回収
業務用エアコンを新しいものと取り替えるという場合などに、今の業務用エアコンを取り外したいと考えるでしょう。既存の業務用エアコンを取り外すには、まず室外機の冷媒回収を行う必要があります。業務用エアコンには、ガスの種類がいくつかありますが、熱交換をするために必要な冷媒ガスが封入されています。まずは、この冷媒ガスをすべて回収してから取り外すことになります。この冷媒ガスを回収しない状態で行うと、冷媒ガスが漏れてしまうことになります。みだりにこのような冷媒ガスを出すということは禁止されていますので、しっかりと実績のある業者に取り外しを依頼するようにしましょう。知識や技術のない人では絶対に行うことが出来ません。

業務用エアコンは設定温度に注意
業務用エアコンを運転する際に、注意しておきたいのが設定温度です。業務用エアコンの設定温度になぜ注意が必要なのか?ということですが、これは無駄な電気代を抑えるためです。設定温度を1℃変えるだけでも大きく消費電力が変わります。そのため、部屋を涼しくしすぎる、冬場であれば部屋を暖めすぎてしまうなどというのは、はっきりいって電気代の無駄です。そのような理由からも、業務用エアコンの設定温度には注意するようにしましょう。その季節や日によって気温が変わりますが、業務用エアコンの設定温度は自動などに設定しておくと大きな無駄が出ずに済みますよ。今まで設定温度に気をつけていなかったという人は、これからぜひ気をつけてみましょう。