業務用エアコンの取り付け工事は、どんな感じで行われるの?

HOME » 業務用エアコン取り付け工事について » 業務用エアコンの取り付け工事は、どんな感じで行われるの?

業務用エアコンの取り付け工事は、どんな感じで行われるの?

業務用エアコンを初めて、オフィスや店舗に設置するという場合、わからないことがたくさんありますよね。
例えば、業務用エアコンの取り付け工事がどのような流れで行われるのか?ということです。
業務用エアコンの取り付け工事についてですが、電話やメールなどで依頼すればすぐに来てくれてすぐに取り付けてくれるというものではありません。

一般的には、まずは現地調査という業者による下見を行います。
この現地調査で、業務用エアコンの設置予定場所の確認、必要な資材、設備の確認などを行います。
また、搬入ルート、搬出ルートなどの確認、業務用エアコンの能力がどのくらい必要なのか?なども確認します。

これらの情報を基にして、見積書を作成します。
見積書では、業務用エアコンの取り付け工事にかかる費用、工事内容、工事に必要な資材などが記載されています。

依頼者は、この見積書を業者から受け取って、金額、内容をしっかりとチェックします。
金額や内容などに問題がなければ正式に業者に取り付け工事の依頼を行います。
正式な契約をした後に、具体的な施工スケジュールを決めます。

業者によっても多少流れは異なりますが、一般的なこのような流れで取り付け工事を行います。
業者は必ず、取り付け工事を行う前に1回は下見をします。
現地調査というのは、とても重要です。
現地調査の際には、業務用エアコンに関して不明点や要望がある場合には、しっかりと伝えておくようにしましょう。

現地調査は、ただ単に、業者が下見をするだけでなく、業者側から的確なアドバイスをもらうことができるので、とても貴重な機会です。
的確なアドバイスをしてくれる業者に業務用エアコンの取り付け工事を依頼するのがよいでしょう。

取り付け工事実績が豊富で、しっかりとしたアドバイスをすることができるのが、新空調です。
新空調は、空調専門業者で、高い技術力と長年の経験で培ったノウハウを武器に多くのお客様に信頼を得ている業者です。

技術力には絶対の自信を持っておりますし、お客様に安心してご依頼頂けるように、取り付け工事の保証も5年間お付けしております。

店舗、オフィスをはじめ難所にも取り付けた実績がございますので、業務用エアコンの取り付け工事は、ぜひ新空調にお任せください。

業務用エアコンの知っておくと便利な豆知識

理容室や美容室に適した業務用エアコンについて
理容室や美容室などにおすすめの業務用エアコンとはどのようなタイプのものなのでしょうか?まず、注意したいのが理容室や美容室の場合には、熱源があるため単純に部屋の広さだけで選ぶのではなく馬力が1つ、2つ上のものを選ぶのが一般的です。

また、理容室や美容室の場合パーマやカラーリングなどで多くの薬剤を使用するため、ニオイが気になるというケースが多いです。そのため、脱臭機能などがついているタイプのものなどもおすすめです。また、機種にもよりますが4方向タイプのものの場合、それぞれの吹出し口の風向を個別で変えられるとさらに良いでしょう。理容室や美容室の場合、風向や風量によって髪の毛が舞ってしまうということになりかねません。髪の毛が舞ってしまうと掃除なども大変になります。そのようなことを防ぐということでも、このようなものがおすすめですよ。

機種だけでなく、メーカーにも色々なものがあります。これから理容室や美容室で新規で取り付けるという場合や、入れ替えを検討しているという場合には、さきほど挙げたような機能などに注目しながら、検討するとよいでしょう。ぜひ、チェックしてみてください。

業務用エアコンを直す際の注意点
業務用エアコンは導入してからすぐに、故障してしまうということはほとんどありません。しかしながら、何年か使っていくと故障してしまうという場合があります。業務用エアコンを直すという場合に、注意しておきたいのが場合によっては、買い替えをする方がお得になる場合があるということです。比較的新しい業務用エアコンであれば、修理だけで済ませるのがよいでしょうが、故障している箇所や使用年数によっては新しいものに入れ替える方がよいという場合もあります。古いタイプのものになると電気代もかさみますし、修理したとしても後どのくらい持つのかが不透明な部分もあります。そのような場合には、買い替えも検討するようにしましょう。

業務用エアコンを外すなら冷媒回収
業務用エアコンを新しいものと取り替えるという場合などに、今の業務用エアコンを取り外したいと考えるでしょう。既存の業務用エアコンを取り外すには、まず室外機の冷媒回収を行う必要があります。業務用エアコンには、ガスの種類がいくつかありますが、熱交換をするために必要な冷媒ガスが封入されています。まずは、この冷媒ガスをすべて回収してから取り外すことになります。この冷媒ガスを回収しない状態で行うと、冷媒ガスが漏れてしまうことになります。みだりにこのような冷媒ガスを出すということは禁止されていますので、しっかりと実績のある業者に取り外しを依頼するようにしましょう。知識や技術のない人では絶対に行うことが出来ません。

業務用エアコンは設定温度に注意
業務用エアコンを運転する際に、注意しておきたいのが設定温度です。業務用エアコンの設定温度になぜ注意が必要なのか?ということですが、これは無駄な電気代を抑えるためです。設定温度を1℃変えるだけでも大きく消費電力が変わります。そのため、部屋を涼しくしすぎる、冬場であれば部屋を暖めすぎてしまうなどというのは、はっきりいって電気代の無駄です。そのような理由からも、業務用エアコンの設定温度には注意するようにしましょう。その季節や日によって気温が変わりますが、業務用エアコンの設定温度は自動などに設定しておくと大きな無駄が出ずに済みますよ。今まで設定温度に気をつけていなかったという人は、これからぜひ気をつけてみましょう。